東京の私立小学校お受験サポート・幼児教育相談|お受験コンサルSAWADA

ブログ(新着情報)

子どもの「脳の機能を高めるため」にできること

2020年10月22日

子どもの脳を伸ばすために・・ 
親が気を付けたいことは?

年齢別には
・0~ 3歳
親は「気持を込めた」会話を・・・
この時期に親がすべき事は子どもが嬉しくなるよう「気持を込めて」
会話する。

・3~ 7歳
勉強やスポーツができる基礎固め・・・
親は上手な声掛けで子どもを導くのに加えて、親も実践している姿を見せる。そして「すごいな
ぁ」と感動する。すると情報にプラスのレッテルが貼られて考えたり記憶したり脳の機能が動く。

・7~10歳
本格的に勉強させる時期・・・
あなたはどうしたらいいと思う?」などと質問し子どもの口から「私ならこうする」と言わせる
ことが大切。
                                                                                                           日経DUAL 2018/11

私立小学校受験の準備はいつから? オンライン学校説明会

2020年10月22日

●首都圏の多くの小学校受験は秋に行われます。
              ※東京の場合   
年少11小学校受験の準備スタート
年中11   おおよその志望校決定
年長 5月  願書配付開始(概ね9月~)
年長  5,6月 学校説明会参加 
年長 7月願書用写真健康診断準備
年長   9月  学校行事、学校説明会
年長1 0月 東京の私立の願書締め切
年長1 0月 面接開始(10月中~上旬)

年長 11月  考査開始(1日~中旬)
                     🌼合格発表

●塾選びのスケジュール

考査の多くが10月~行われるため、教室のスタート時期は11月が大半で年中の11月から入試まで約1年間通う事となります。ですから夏頃までに、教室見学や体験等で、塾を決めた方がよいでしょう。ただ、それぞれの塾・教室ごとに、私立小学校・女子校・国立小学校など得意分野は異なります。 希望の小学校に近い塾や教室の方が情報も豊富なため、塾選びの前にまず、どの小学校を受験するのかを決めておくことが必要です。

オンライン学校説明会 https://www.ojyuken-index.com/report/web.html

就学前教育の重要性は?

2020年10月22日

ヘッグマン教授の就学前教育の研究は、2つの重要なポイントがある。第一に、就学前教育がその後の人生に大きな影響を与える事を明らかにした事である。第二に、就学前教育で重要なのはIQに代表される認知能力だけでなく、忍耐力、協調性、計画力といった非認知能力も重要だということである。
幼児教育と聞くと、私たちは算数や国語の早期教育をイメージしてしまう傾向がある。しかし、明らかにされているのは、社会的に成功するためには非認知能力が十分に形成されていることが重要であり、それが就学前教育で重要な点だということである。

ジェームズ・J・ヘックマン教授「幼児教育の経済学」

  • 2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ