東京の私立小学校お受験サポート・幼児教育相談|お受験コンサルSAWADA

ブログ(新着情報)2021年4月

コンサル事例1

2021年4月30日

(ご相談内容)

 ご相談者は、自営のご夫婦で、ご子息は幼稚園年中児です。ご相談者の学区内には有名中学への進学率が高い公立小学校があるので、ご相談者は、お子さんを学区内の小学校に入れ、4年生から受験塾に通わせて、希望の中学校に進学することを考えていらっしゃいます。ご相談内容は、それでも公立小学校ではなく、遠い私立小学校に入れるメリットは何か、ということです。

(コンサルの内容)

 許される環境であれば小学校受験をお勧めしたい、と申し上げました。
 そのメリットは、中学受験を前庭とした独自の6年間の完成された教育プログラム中で過ごす私立小学校生活は、掛け替えのないものだからです。私立小学校は、その学校の建学の精神の基に集まった、志を同じくする子弟の集団です。通学時間に時間を取られるため遅い帰宅、また高学年には受験塾通い、ダブルスクールで費用もかかりますが、同じ環境の友人達と良い刺激を受けながら成長してゆく事ができます。我が子には地域での井の中の蛙的な存在ではなく、優秀な仲間達に囲まれもっと上を目指す毎日を過ごして欲しいと思われませんか、ともアドバイス致しました。
 中学受験を考える時、いずれ4年生から受験塾に通うのだから、帰宅時間が早く、費用もかからない公立小学校で十分であり、私立小学校に入れる意味がないという考え方があります。しかし小学校は中学受験だけのプレスクールではありません。

コンサル事例2

2021年4月30日

(ご相談内容)

 ご相談者は、会社を経営されているお父様と専業主婦のお母様で、お子さんは、2歳の女の子で、現在、ベビー教室に通われています。ご相談の内容は、どこの幼稚園にしたら良いか、その幼稚園に入園するためにプレスクールなどに入るべきか、そして、小学校は受験すべきか等です。

(コンサルの内容)

 東京にいらして間もないなか、ベビー教室でプレスクールの存在や付属幼稚園受験などの情報を得て、どこに入園したら良いものかと悩んでいらっしゃる様子でした。現在の環境は、ご両親ともご実家が遠く、ご主人もご多忙で出張が多い、と言うことでした。
 私は、まず、公立小学校と私立小学校の違いをお話ししました。幼稚園受験はご両親の負担も多く、遠い園では毎日の送迎もストレスなので、まずは近くの園のプレに通い、そこの幼稚園に入園する事をお勧めし、ベビー教室保護者の情報から、通えそうなプレをリストアップし、それに基づいて、幼稚園について再度ご相談を受けることとさせて頂きました。
 経済的に恵まれた環境でいらっしゃるので、同じような子弟が通う、大学あるいは高校までの付属一貫校の小学校受験を時期が来たらお勧めするつもりでおります。

コンサル事例3

2021年4月30日

(ご相談内容)

 ご相談者は、共働きのご夫婦で、ご子息は2才で保育園在園中です。ご相談内容は、現在の保育園の教育環境に多少不安をもたれていて、来年度から幼稚園の年少組へ転園すべきか、悩んでいらっしゃいました。小学校については、アフタスクールが充実している私立小学校に入れ、その後は中学受験をご希望でした。その事を前提とした、この度のご相談です。

(コンサルの内容)

 私の知る限りでは、お住まいの近隣の幼稚園は名門幼稚園ばかりで、小学校付属でなくても殆ど試験がある状況でした。秋の入園テストに向けての準備やその後の小学校受験の事を考えると、親子共にストレスが生じると予想されます。
近年は保育園からの小学校受験者も多く、今から確実な方向性を決め、このまま3年間で着実に小学校受験の準備をなさる事で、良い結果を得られるのではと、私は考えまして転園はお勧めしませんでした。